与沢翼氏 破産・倒産は計画的!?

与沢翼氏 破産・倒産は計画的!?その真偽は

こんにちは、本日は与沢翼氏の破産・倒産についてです。

 

ニュース等で、もうすでに多くの方がご存じだと思いますが、

 

次のようにフェイスブックで与沢翼氏本人が語っています。

 

>2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いのうち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円を追加で計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。
そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。
また、今の資金量に照らし会社全体に膨大な経費がかかっており、返済余力が今後生じないと判断し、月額500万円の固定家賃削減のため、フリーエージェントスタイル本社の黒崎ビル(六本木4−1−4)を4月30日付けで退去致します。・・・・・

 

引用元:
https://www.facebook.com/tsubasa.yozawa/posts/703359876394417

 

メディアに進んで露出し自分を大きくブランディングして、ネット初心者を信用させ高額塾を販売してお金を稼ぐというビジネスモデルを行ってきたネオヒルズ族の与沢翼氏です。

 

今回の件から推測すると、本当は儲かっていないのに儲かったかのように演出し、何も知らないネット初心者をターゲットに高額塾に勧誘して、お金を稼ぐというビジネスモデルを築いてきた第一人者とも言えます。

 

具体的にいうと、何千万円ものお金で大量のメールアドレスを買い集め、そこに大量のメールをメルマガ配信し、勧誘して高額セミナーやアフィリエイト商材を紹介し購入させるという手法です。

 

実際は、何十万円ものお金を払って購入しても、実際稼げる人の割合は少なく、ほとんどの人が稼げません。

 

ネット情報弱者を狙った、搾取ビジネスモデルとも言えます。

 

今回で2回目の倒産で、あちこちでいろいろと弁明をしていますが、これも計算された計画破産かもと、正直疑ってしまいます。

 

会社が倒産すると負債が免除されますので、お金を返済する必要がなくなります。

 

購入者の方は気の毒ですが、裁判を起こして勝訴しても高額塾の料金は返金されません。
与沢翼氏本人に個人的に返金請求をしても法律的な観点から物的な証拠などが必要になりかなり難しいでしょう。

 

また、与沢翼氏本人は倒産の引き金になった要因について次のように語っていますが、
>また、弊社グループの役員に、自分も投資をしているからということで紹介された月利5〜10%という海外FXに、香港にまで行って1月上旬に投資をしたところ、1月末ごろには利益が出るどころか1か月で元本の90%を失ったと言われ、多大な損害を出してしまいました。

 

↑真偽は不明です。
一時期、弁護士を目指して法律を学んでいた彼のような頭の切れる者が、安易に投資に大金をつぎ込むとは思えません。

 

自分の責任で潰れたとなると、周りから白い目で見られ批判にさらされるので、他人に騙されどうしようもなかったことにし追及をかわそうとしているのかもしれません。

 

それにしても最近のマスコミもひどいものです。
散々、ネオヒルズ族の与沢翼氏として持ち上げ放映してきました。
この影響で、一般社会に対してネットビジネスは簡単に大金を稼げるという間違ったイメージを風潮してきた責任もあります。

 

先の佐村河内守氏の件もメデイアが散々TVで放映し吹聴してきた事実があります。

 

最近では、理研の小保方さんの放映もマスゴミが意味もわからず、魔女狩りのような様相を呈していたことは皆さんも周知するところだと思います。

 

結局、マスコミで放映されることを鵜呑みにすると大変痛い目に合うということです。

 

ネットビジネスでも同じで、リアルビジネスに置き換えて良識的に判断すれば、その情報が嘘か真実かは大抵わかることだと思います。

 

世の中に出回っている情報商材の多くは信憑性の薄い怪しい情報です。

 

しかし実際は、現実離れした妄想のようなことを平気で信用し、情報商材を購入すればネットで簡単にお金を稼げると思っている人がまだまだ多いのが実情です。

 

ネットビジネスで稼ぐには、基本的な知識とスキルが必要なのは言うまでもありません。
これは仕事でもスポーツでも何をしても同じだと思います。

トップへ戻る