見込み客ゲッター 評判・実態暴露

見込み客ゲッターの評判と内容から稼げる商材かレビュー評価

見込み客ゲッターの評判・口コミ

 

評価暴露レビュー

今回評価暴露レビューする情報商材は、
「見込み客ゲッター(七里 信一)」です。

 

この商材の販売者である七里 信一氏は、メール配信サーバー「エキスパートメール」の運営もしている人物です。

 

さて、この商材内容は、次の画像で謳われている通り、
ヤフージャパンの700万データを見込み客ゲッターというツールで自動収集し、サイトに設置されたお問い合わせフォームに自動でメッセージを書き込み、売り込みをかけるというノウハウ内容だそうです。

 

見込み客ゲッタ-1

 

一見スパムメールのように思えますが、七里 信一氏は、次の画像のQ&Aで、否定しています。

 

見込み客ゲッタ-2

 

確かに、特定電子メールの定義として、
改正された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(定義)第二条の二」では、
「営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人」が「自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信する電子メール」をいう。
となっており、次の3点が大きな改正になっています。

 

1.オプトイン方式の義務化
事前に「私にメールを送ってもいいですよ」と同意を得た相手にしか広告宣伝メールを送ってはいけません。という法律です。
2.表示義務の徹底
3.罰則の強化

 

但し、オプトイン方式で同意を得なくてもいい場合があり、例外として次の項目が該当します。
1.電子メールアドレスの通知をした者
2.取引関係にある者
3.WEBサイトなどで自己のメールアドレスを公表している団体、営業を営む個人
具体的にいうと、サイト上に問い合わせ先を記載している場合、一定の送信は許容されるものと考えられていますが、問い合わせフォームからの特定電子メールの受信を明確に拒否している場合は違反です。

 

七里 信一氏は、上記3.項のに該当するので、問題はないと言っていますが・・・

 

ヤフーで「問い合わせフォームからのスパムメール」で検索して下さい!
4000万件以上ヒットします。

 

これだけ多くの事業者が「問い合わせフォームからのスパムメール」で困っているのが現状です。

 

確かに「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」というコトワザもありますが、結局、問い合わせフォーム経由か、直接メール宛かだけの違いであって、

 

受け取る側からすると、「頼んでもしないのに、売り込みメール送りやがって!」となるのは誰が考えてもわかることでしょう。

 

またこのツール147,000円もするんですよね!
高い・・・!

 

こんなツールが広まると一気に規制がかかる可能性がありますし、事業者も自己防衛策を講じてくるでしょう。

 

高額な商材購入による出費だけでなく、下手な使い方をすると、スパムメールでクレーム対応に追われ、次の相談窓口へ通報されブラックリスト入りといようなことにもなりかねません。

 

ネットでこの商材を宣伝しているアフィリエイター達もいますが、アフィリエイト報酬が6万もするので、必死なんでしょうね!

 

七里 信一氏の見込み客ゲッターというツールを使用したノウハウは、使い方によって非常にグレーな手法だと思いますので、購入される方は注意した方がいいと思います。

 

販売者情報

販売責任者:七里 信一
販売業者:株式会社ビジトリー
所在地:東京都新宿区西新宿7-5-8GOWAビル7F
連絡先:
TEL⇒03-5338-6244
MAIL⇒support@busitry.biz
販売HP:http://m-getter.com/lp/info/
販売ASP:インフォトップ
販売価格:147,000円

トップへ戻る