株式投資錬金術(杉山てつや)の 評判・実態暴露

株式投資錬金術の評判と内容から稼げる商材かレビュー評価

株式投資錬金術の評判

評価暴露レビュー

今回、評価・暴露レビューする情報商材は、
杉山てつや氏の6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』です。

販売ページの冒頭には、
やることは簡単、6つの条件に当てはまる株を売買するだけ
寝る前の30分でできるシンプルトレードなので、初心者でも安心して始められる。

と謳われています。

商材提供者の杉山てつや氏は、
本業ではなく夜寝る前に注文を仕掛ける程度で月300万円程度の利益を株で得ていたと言っています。

具体的な作業内容ですが、

先ほどの6つの条件で基本編として記載されているのが、次のような内容ですが、これを確認するだけでトレードに十分勝つことはできると言っています。

  1. システマチック損切りの方法を伝授
  2. 10秒でできる優良銘柄の選び方
  3. 0から始める株式投資の手順
  4. 大波の中の小波を乗りこなすグランビルの法則
  5. 大相場に発生するデッドクロスサインとは!?
  6. 大きな視野と小さな視野で相場のすべてを知る!

さらに実践編としては次のような内容になっています。

  1. トレンドの転換点がひと目でわかる7つのチェックポイント
  2. 意外に難しい利益確定のポイント
  3. トレーダーの心理を逆手に取り、安く買って、高く売る方法
  4. ボリンジャーバンドでさらなる高みへ!

結局、トレード方法をルール化して、それに基づき株を購入する前にしっかりと確認するということを言っていますが、これは当たり前のことで、1つの銘柄をしっかりとリサーチせずに株を買うのは博打と同じことになります。

以上の事は他の株式投資の教材にも同じ内容が書かれていますので何も特別なことではありません。

まとめとして、杉山てつや氏は次のようにも言っています。

端的にいうと、
買うと損する可能性のある銘柄を確認作業で除外し、条件に全て当てはまれば買うという判断をするということです。

以上のことを踏まえて実際の内容を見ていきましょう。

杉山てつや氏の「株式投資錬金術」の概要

 この商材は約200ページのマニュアルで構成されていて、内容的には中級者レベルまでの方向けに書かれた商材内容ですね。

マニュアルの初めには証券会社の口座開設方法とかローソク足の見方など基本的なことが解説されています。

マニュアルの端々に初心者にとっては大切だと思われる言葉が記載されていますが、中級者に取っては常識レベルの内容だと思いますね。

 また、損切については、損失ではなく経費として扱うという考え方が記載されていますが、私もそうだと思います。

要するに企業経営や商売でも出費される経費は必ず必要になります。

必要経費まで削減すれば、新商品の開発は止まり経営も行き詰まってくることになります。

ポジポジ病(不要な経費)は削減すべきですが、リスクリワード゙を考えるとロスカットは不可欠になり必要経費となります。

株式投資錬金術で使用するインジケータは

 この手法では、どのようなインジケータを使用するのか注目されるところですが、独自のインジケータは使用されていません。

一般的には、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、RSIが多くのトレーダーに使用されていますが、私個人の意見ですが、表示すれば必ず勝てるというものでもありません。

 但し、初心者の方は判断基準が明確になるので、チャートにテクニカル指標を表示させトレードルールを決めるという点でメリットがあると思います。

初心者の方の中には稼げる手法やインジケータがあると思っている方もいますが、裁量判断なしに必ず勝てるような手法やインジケータはこの世にありません。

各トレーダーによって自分の裁量判定の精度を上げるための補助として、自分に合ったテクニカル指標を表示させているだけです。

 要するに、手法を学んでもインジケータを購入しても、各個人の裁量スキルがアップしなければ、勝てないということです。

この点を勘違いしている方が多くいるんですね。

トレードで負けるのはインジケータや手法ではなく、自分の裁量レベルが低いという事に尽きます。

なので、株でもFXでも初心者の多くの人が大きな損失を出すわけですが、私も最初大きな損失をだしました。

杉山てつや氏の「株式投資錬金術」の総括

 このマニュアルには、トレードするにあたって当たり前のこと、勝つための必須条件が記載されており、相場で勝つための知識は網羅されているようです。

なので、投資初心者の方には役立つと思いますが、中級者以上の方には基礎的な内容であるので過剰な期待をしないほうがいいと思います。

 特に株はFXと違うのが銘柄選びで、この部分は初心者が実践を行う際に悩むところですが、このマニュアルに従っていけば、あるレベルまでは銘柄を見極め見つけることはできますが、似通った銘柄が重なった時は、裁量判定が必要になります。

よって、この商材を購入したからと言って、全員が必ず勝てるとは断言できませんし、当然、個々の裁量に差があるんで、結果は個々によって違ってきます。

杉山てつや氏の「株式投資錬金術」のマニュアルで気になる点は、買い相場に重点を置いたような内容になっている点です。

私の場合、売りもよく仕掛けるのですが、初心者だと下落相場や暴落相場では、黙って見ているだけで手が出せないと感じました。

今後の新規商材を期待したいと思います。

販売者情報

情報商材名:6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』
商材提供者:杉山てつや
販売責任者:小山 大翔
販売業者:(株)新日本情報システム
所在地:東京都新宿区新宿6-28-7新宿イーストコート4F
連絡先:
TEL⇒03-4578-7750
MAIL⇒info※tetsukabu.com(「※」を「@」に変更して下さい)
販売ASP:インフォトップ
販売価格:29,800円

トップへ戻る