アフィリエイト・サービス・プロバイダーの(ASP)の仕組みと実態

アフィリエイト・サービス・プロバイダーの(ASP)の仕組みと実態

アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)とは何か?

ASPの仕組み

 ASPとはアフィリエイターと広告主(販売者)とを仲介する専門業者のことで、ASPの仕組みを図解で説明すると次のようになります。

ASPのしくみ

具体的には次のような流れでアフィリエイト報酬を受け取ることができます。

  1. ASPへアフィリエイター登録
  2. ASPから登録承認
  3. ASP内の広告主と提携
  4. 広告取得
  5. サイト・ブログへ広告掲載
  6. ユーザーがサイト訪問
  7. サイト内広告クリック
  8. 販売者サイトより商品等を購入
  9. 報酬支払条件を審査後、広告主はASPへ報酬支払い
  10. ASPよりアフィリエイターの銀行口座へ報酬振り込み

ASPの業者数と種類

 アフィリエイト業界では、アフィリエイト・サービス・プロバイダーのことを頭文字とってASPと呼びますが、業者数は大小合わせると少なくとも50社前後はあると思います。

また、ASPが扱っている商品やサービスを大きく分類すると、次の3つに大別できます。

  1. 商品販売(有形):製品や商品の販売。
  2. サービス提供(無形):サービスの提供。
  3. 情報商材販売(無形):情報を電子データ(PDF等)にして販売。

ASP業者の質と実態

 当サイトで紹介している大手のASPは、まず安全に活用できますが、特に情報商材販売のASPは注意が必要です。

その理由はASPに登録している販売業者の中には、怪しい情報商材を販売しているところがあります。

特にお金儲け系情報商材の内で全体の9割くらいは、儲かると言う確証のない再現性の怪しい情報と思っていた方がいいでしょう。

実際、管理人は過去総額250万円以上様々な情報商材を購入し検証しましたが、有益な情報は1割もありませんでした。

このような情報商材の大半が、情報商材を専門に扱っているアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)という決済会社を通じて販売されています。

この中でも信用度が高いサイトとほとんど信用できないサイトが存在しますので、真剣にネットビジネスで稼ぎたいと思っている人が、騙されることが無いようにするため、警告も込めてレビューしたいと思います。

 現在、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)といわれる会社は、大小含めると数多く存在しますが、情報商材を扱っているところでは、インフォトップ(infotop)が有名です。

情報商材販売業界では最大手のASPであり、この業界では、まだ一番厳格に法律に基づいて運営されていると言えるでしょう。

 具体的にいうと「特定商取引法の表記」に対する厳格審査です。

通常、法律に基いて販売するのは当然のことだと思うのですが、情報商材を扱っているインフォトップ以外のASPには、この当然のことである「特定商取引法表記」の審査をまともに行っているとは思えないASPも存在しているのが実状です。

とはいえ、インフォトップ(infotop)にもガラクタのような商材は当然存在しますが、情報販売ASPの中では最も健全に運営しているほうだと思います。

「特定商取引法の表記」に対する審査がなぜ大切か?

 「特定商取引法の表記」に対する審査がなぜ大切かというと、購入者がお金を返金してもらいたい時やクレームなどで連絡しようとした時に、もし、「特定商取引法の表記」に記載されている販売責任者名や所在地・連絡先が架空の場合、販売者にお金を騙し取られてしまう可能性が非常に高いわけです。

当サイトをご覧になっている方の中には、怪しい商材を騙されて購入してしまった経験をお持ちの方もおられると思いますが、販売者に連絡がつかない場合、払ったお金は取り戻せません。

またASPにクレームを報告しても、言うことは決まっていて、「販売者に連絡願います。」で終始してしまいます。

ですから、この特定商取引法の表記に記載されている販売責任者や所在地・連絡先は虚偽や架空では話にならず実在していなければいけないわけです。

 インフォトップに関しては、このようなに最低必要なことは実施しているようなので情報商材を扱っているASPの中では一番まともといえるわけです。

だからと言って目に見えない電子媒体の情報商材を購入する場合は、自分で徹底して調査・検討した後、納得して購入するようにしないといけないのは言うまでもありません。

当然、安易に購入すべきではありませんし、あなた自身が高いお金を支払うのですから、リスクを覚悟して購入しなければなりません。

購入者の中にはクレーマーもいる

 購入者の中には、すぐ詐欺に引っかかったとか騙されたとか言って騒ぎ立てる人もいますが、本当に詐欺商材だと言えるのは次の2つに該当している場合です。

  1. マニュアルに記載されていることを忠実に実践したが、それでも稼げなかった場合。
  2. セールスレター(販売ページ)の記載事項と内容が食い違っている場合。

もしこれらに該当する場合は返金要求をすればいいだけの事ですし、これ以外のことで、少し内容を読んだだけとか実践もせず詐欺だと騒ぎ立てるのは、ただのクレーマーです。

 実際のところ、販売ページを読んで熱くなり、商材を購入してマニュアルを読んだとたん、冷めてしまう人も結構多いものです。

でもそのような性格の人は非常に危険で、情報商材コレクターに嵌ってしまいやすいんです。

あなたは、そんなことになっていないでしょうか?

また、当サイトで暴露しているような怪しい商材に関しては、実践などする必要はありませんので、即、返金要請をして下さいね!

アフィリエイター登録を控える方がよい情報商材販売ASP

 話を戻しますが、以下のASPは私の長い経験上、怪しいので特に注意が必要で、当サイト以外でも検索すればわかりますが、非常に怪しい商材が多く販売されています。

  • インフォジャパン
  • 副業.COM
  • インフォレストラン
  • インフォフレンド
  • インフォポイント
  • AFFIMA!(アフィマ)
     AFFIMA!(アフィマ)は以前インフォスタイルという会社でしたが、虚偽誇大広告が多く東京都から行政処分を受けています。

 以上のASPは、企業体質が早急に改善されるとは思えず注意が必要ですし、インフォトップがあるにもかかわらず、これらのASPをあえて利用するメリットはありません。

怪しい情報商材の特徴

 怪しい情報商材のセールスレターに謳われる宣伝文句は、いつも次のようなお決まりの文章がよく記載されています。

「まだ誰も知らない最新ネットビジネス手法をあなただけに・・・」

「初心者でも簡単に、1日わずか数十分の作業だけで高額報酬・・・」

「私はメール送信何通だけで1ヶ月何十万、何百万稼ぎました・・・」

 また、次のような内容の画像が多く掲載されています。

「札束の山の写真・・・」

「儲けた金額記載の預金通帳・・・」

「豪華マンションや高級車の写真・・・」

 私はアフィリエイトやネットビジネスを知ってからは15年以上になりますが、プロフィールでも紹介したようにリアルビジネスの経験も長く企業経営や管理にも参画してきました。

たぶん常識的であろう思われる私のビジネス感覚からすると、あり得ない誇張した文章が多すぎるように思います。

とはいうものの、一般社会ではあり得ないようなバカげた煽り文句でも実際に騙されてしまう方も多くいるわけでこの事実には唖然とします。

確かに正しい方法でネットビジネスを行えば高額報酬を稼げるというのは事実ですが、それはアフィリエイト特有のレバレッジがきくからです。

この点がリアルビジネスとの大きな違いでもあり大きなメリットとも言えますが、ネットビジネスだからと言って努力も作業もせずに、最初から簡単に稼げることなどあるわけがありません。

ネットビジネスにも基本的なマインド(心構え)、最低限のネット知識やスキルが必要になります。

 そこで、当サイトではネットビジネスのマインドセット(心構え)や、最低限のネットスキル、稼ぎ方などについても、順次、情報発信していくつもりです。

どちらにせよ、このページで注意喚起したASPやセールスレターの甘い言葉には十分気を付けて頂きたいと思います。

トップへ戻る