アマグラフの評判は?口コミ・暴露・評価レビュー!

アマグラフの評判は口コミ・暴露・評価レビュー

評価暴露レビュー

今回、評価し暴露レビューするのは、
有本周平氏のAmazon裏機能の「アマグラフ」です。

羽田和広氏は有本周平氏より「輸入転売ビジネス」を習ったようなので、今回の動画には羽田和広氏と有本周平氏が登場しています。

有本周平氏は以前、高額塾のSBC(サイドビジネスクラブ)を販売していましたが、この塾は5期になり多くの参加者がいます。

SBC(サイドビジネスクラブ)の販売価格は35万円で、参加するとバックエンドで100万円の高額商材が用意されています。

塾でノウハウを吸収し、稼ぐ前から多額のお金を搾取されることになるわけで、これでは、商品の仕入れ代金などに回すお金が無くなってしないます。

今回のAmazonのリサーチツール「アマグラフ」の非公開ポイントは次のようなものだそうです。

Amazonリサーチツールのアマグラフ

今回のAmazon裏機能の「アマグラフ」無料オファーも、リサーチツールを餌にして、
SBC(サイドビジネスクラブ)のような超高額塾を売りつけるのが最終目的でしょう。

おそらく完全無償でツールをもらえるようなものではなく、何かの条件がついてくると思います。
過度な期待はしない方がいいでしょうね。

現在、転売やせどりの塾や商材が溢れかえっていますので、参入者も半端ではありませんので、当然、競合が増え利益率は下がります。

そんな状況で、稼げるノウハウを提供する為には、運営塾側に独自の販売ルートや独占的な人気商品をもっている業者などが存在するか、繋がりがなければ容易に稼ぐことはできません。

また半額で商品を仕入れることが出来るということで参入したが、実際の利益率に至っては1割も無いなどということもあり、商品の仕入れ代金以外の手数料も多くかかるというのが実情です。

もともと、転売ビジネスの高額塾は、ノウハウだけを情報として販売するだけでなく、実際ビジネスを行う流れの中でもお金を搾取するような仕組みになっています。

販売者が儲かるのはノウハウ販売の利益だけではないのです。

今回の「アマグラフ」では、Amazonリサーチツールに頼った転売ノウハウですが、ツールのみで確実に売れる商品をリサーチするのはかなり難しいと思います。

実際、転売で本当に売れる商品を見つけようとすると、次のようなことも考慮しなくてはいけません。
・希少価値
・プレミア感
・今後の在庫状況
・値動きの予測

これらの条件は、ツールではリサーチできないので、リスクゼロで売れる商品を見つけ出すのは限度があり、
塾の参加者の一部は稼げるがその他のほとんどは稼ぐことができないという状況になりかねません。

最悪の場合、多くの売れ残りの商品を抱え、高額塾の参加費と仕入れ代金で大赤字になる可能性も十分あります。

どちらにせよ、情報商材の無料オファーで完全無料でノウハウを全て提供することなど100%あり得ませんので、このような転売ビジネス系の塾や商材には十分注意が必要です。

販売者情報

情報商材名:アマゾン裏機能「アマグラフ」
販売責任者:有本周平
販売業者:株式会社リアランドネット
販売HP:http://gachiten.com/amagraph/
販売ASP: ―
販売価格:無料オファー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

投資系の優良商材!!

●プロ・ディーラーによる最新デイトレードの優良塾
紫垣デイトレード塾
紫垣デイトレード塾

●FXの王道商材!!

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

●低位株トレーディングの王道商材!!

株リッチプロジェクト

アフィリエイト手法の優良商材!!

●トレンドキーワードアフィリエイトの優良教材

【下克上】GEKOKUJO~脱ノウハウコレクター教材~

●情報商材業界で最高のアフィリエイト教材

Copyrighting Affiliate Program

コピーライティングの優良商材!!

●最高のコピーライティング教材!

The Million Writing

●コピーライティングの王道商材!

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

ネットビジネスで必須の超優良ツール!!

●ブルーオーシャンキーワードを瞬時に発掘!
キーワードスカウターS
キーワードスカウターS

●記事作成を半自動構築する超優良ソフト
ゴーストリライター3
【ゴーストリライター3通常版】サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】

●2014年殿堂入り商品!バイラルマーケティングツールの決定版

フォローマティックXY

●SEOに強いサイトを超効率的に構築!サイト作成必須ツール

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

このページの先頭へ